18.01.29

【桶川ルーム】うどんだんご・もちもちうどんをつくろう

桶川ルームの1月の体験学習は、「うどんだんごをつくろう」「もちもちうどんをつくろう」でした。小麦の香り・うどん玉の感触を感じる、自分で作ったものを味わって食べることを目的に、3部制で開催しました。

 

よく似合っています!
手洗い・うがいはいつもよりも念入りに、エプロン・マスク・三角巾をして準備完了。

 

じっくり踏みます
午前の部はうどんだんごをつくりました。
ゆでうどんを手でつぶしたり、足で踏み、うどんの形が無くなってきたら、ボウルに出し手でこねていきます。

 

おだんごの形になりました!
まとまったうどん玉をひとくち大にちぎり、丸めます。
大きなおだんご、小さなおだんご、中には細長いもの、星の形のものも。

 

茹でたものを運びます
茹で上がっただんごを自分の席まで慎重に運びます。

 

楽しそうに食べていました
きなことみたらし、どっちが美味しいかな。
「どっちも美味しい!」と、中には両方付けてお口いっぱいにほうばる子もいました。

「このおだんご、ぼくが作ったんだよ!」と嬉しそうに家族に見せる姿も。みんなで仲良く分けながら、スプーンや箸も上手に使い夢中で食べていました。
「また、家でもやりたい!」「家でもやろうね!」そんな会話も聞こえてきました。

 

小麦粉を混ぜたりこねたり
午後の部はうどん作りです。小麦粉の香り、生地の感触、ひとつひとつ確かめ、感じます。

 

麺棒でころころ
足で踏んだ生地を、麺棒でのばします。弾力があり、なかなかのびません。
薄くなってくると、少しの力でものびます。そんな変化も感じながらのばしていきました。

 

気をつけて切ります
切る工程では、大人用の包丁を使用しました。
お父さん、お母さんと一緒に切っていきます。慣れない包丁でも大人になった気分で丁寧に切ることができました。

 

茹で上がりました!
自分で作ったうどんは愛おしく、格別に美味しいね!

 

美味しかったね!
うどんだんごもうどんも、誰でも簡単に作ることができます。是非またおうちでも作ってみてください。

 

桶川ルームの概要を見る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る