18.05.17

【目白ルーム】むかしのおもちゃ作り~地域の方と交流しよう~

目白ルームの4月の体験学習は『むかしのおもちゃ作り』でした。地域の方をお招きして、昔のおもちゃの作り方や遊び方を教わりました。

 

お話に興味津々です
むかしのおもちゃってどんなのかな?
けん玉やお手玉、コマやだるまおとしを見て興味津々の子どもたち。

 

ブンブンコマを作ってみます!
ぶんぶんこま作りを教えてもらいました。
丸い型紙に自分で好きな模様を描いてカッコいいコマを作ります。
講師の先生に手伝ってもらいながら糸を通したら完成です。「回った!回った!」

 

空気砲、不思議です
次は空気砲で遊びます。箱の両横を手でおもいっきり叩くと空気が飛んで前の新聞紙が揺れます。「見えないけど、あるんだね!」と、空気を感じて、新しい発見をした子どもたちでした。

 

うまく飛ばせたかな?
最後は紙飛行機とばし。室内で飛ばす練習をして屋上へ。屋上では風に乗ってスイスイと気持ちよさそうに飛ばすことができました。


今回の体験学習は年長のお友だちのみの参加でした。地域のお二人の講師の方の話を興味深く聞いたり、おもちゃの作り方や遊び方を教えてもらったりしながら楽しい時間を過ごす事が出来ました。家に帰ってからも、作ったおもちゃで遊んだり、お家の方にお話したりしていたようです。
講師の先生方、楽しい時間をありがとうございました。
 

 

目白ルームの概要を見る


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る