18.06.16

【調布ルーム】うどん作り

5月の体験学習は、「うどん作り」を行いました。
みんなで一生懸命作った世界に1つのうどん、みんなで食べるとよりおいしかったですね。
うどんを作る作業も一生懸命集中して、参加することができていました。

 

作り方を確認します
まずは、先生からうどん作りについてお話がありました。みんな集中して先生のお話を聞けていましたね。

 

材料をボウルに入れて… 手でこねます
次に、材料を混ぜる作業を行いました。小麦粉と塩水をボールに入れて混ぜます。
混ぜた材料が生地になるように手でこねていきます。みんな一生懸命力を込めてまぜていましたね。

 

足で踏みます!
生地がまとまったら今度はみんなで生地を踏んでいきます。1人ずつ前に出て生地を踏みました。周りから「がんばれー」という応援の声がたくさん聞こえてきました。

 

丸めていきます
今度は、こねた生地を丸めていきます。「机を使って丸めるとやりやすいよ!」という声が聞こえてきました。自分たちでどうするとやりやすいかを考えて、試行錯誤していましたよ。

 

しっかり伸ばしましょう
もちもちになった生地を、打ち粉をしながら麺棒で伸ばしていきます。みんな力を入れて薄く生地を伸ばすことができていました。

 

上手に切れたかな?
伸ばした生地を2つ折りにして、生地を切っていきます。お母さんやお父さんに手伝ってもらいながら、ギュッと力を入れて生地を切っていきました。いろんな麺の形ができて面白かったですね。

 

うどんの形になりました
生地を切り終わったら、切った生地を開く作業を行いました。みんな、力作業の後でちょっと疲れた様子でしたが、最後の力をふりしぼって細かい作業をやりきることができました。
最後に鍋の中に生地を入れてコトコト茹でていきます。おいしいうどんができるかなー。

 

おいしいね!
茹で上がったら、みんなで「いただきまーす」をしてうどんを食べました。全員がおかわりをするぐらい、美味しいうどんができました!

 
調布ルームの概要を見る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る