18.03.22

【阿佐ヶ谷ルーム】感覚統合

阿佐ヶ谷ルームの3月の体験学習は、『サーキット・感覚統合遊び』でした。阿佐ヶ谷ルームの大きな指導室で新聞紙などの素材や大型の遊具を使って、身体全体で刺激を感じてもらう遊びを午前の部、午後の部と分けて行いました。
また後半の時間で保護者の方に作業療法士から感覚統合の視点からお家で出来る遊びやホームワークについて話をさせていただきました。

午前の部は主に2歳児・年少のお子さんが参加してくださいました。
みんなで準備体操をしてから新聞を使ってダイナミックに遊びました。

 

思い思いに触ります
さっそく破いたり、丸めたりと思い思いに素材に関わっています。

 

おおきな新聞紙です
いつもと違って大きな新聞紙が出てきてみんな興味津々。下をくぐったり、飛び込んで破いたりダイナミックに遊びました。

 

新聞に浸ります
みんなで新聞を集めて、ボールプールでまったり。全身で新聞の感覚を楽しみました。

 

平均台に挑戦!
平均台を保護者の方に見守られながら、みんな慎重に渡っています。

 

滑り降ります
巧技台の上で姿勢を変えて…シュー!

 

トンネルみたい!
普段はくぐらない机の下も上手にくぐれたよ!

 

年長さん、上手です 前の人との間隔を意識します

午後の部は年長さんが多く、保護者が見守る中、一人で難しい渡り方などに挑戦していました。お友達との間隔を意識しながら取り組めています。

 

高くても大丈夫!
高い平均台だってへっちゃら!しっかりとバランスを取って渡れています。

 

年中さんも挑戦!
年中さんも年長さんの取り組みを見て、難しい設定に張り切って取り組んでいました。

 

たくさん回ります
最後は回転椅子を使ってぐるぐる遊び!落ちないようにしっかり捕まって…おっとっと!

終わったあとはみんな水分補給とご褒美のおやつで達成感を味わっていました。

保護者の方向けの話は短い時間でしたが、今日のお子さんの様子も踏まえてお伝えしました。みなさん真剣に話を聞いていただき、「早速家でやってみます」とのお声もいただけました。

 

阿佐ケ谷ルームの概要を見る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る