3. つむぎの取り組み






3-1. つむぎの特徴は?
専門スタッフによる療育
常勤の臨床心理士・臨床発達心理士・言語聴覚士・保育士をはじめ、運動指導員、造形講師などを配置してきめ細かな対応をしていきます。またその他の療育スタッフも発達支援の領域でのケアを経験しています。
個別指導とグループ指導をバランスよく実施
つむぎでは個別指導とグループ指導をバランスよく行い、お子さまの発達に合わせて効果的なプログラムをご提供していきます。

※個別指導では、お子さまの発達をきめ細かく見て、得意な部分を伸ばしたり、苦手な部分を少しずつ改善する支援をしていきます。
※グループ指導では、お友だちとの相談や協力を経験したりしながら、好きな遊びや課題を個別に進めたり、お互いに影響を受けあって進めていきます。
つむぎ独自の取り組み
心身の発達を促すため、リズム体操や雑巾がけを取り入れていきます。また、心を静めるための座禅も取り入れています。






3-2. 教室はどんなところ?
カフェスペース
お子さまの指導前後、保護者さまがほっとして頂けるカフェスペース。ゆったりとしたソファで雑誌など手に取っていただき、リラックスしたひとときをお過ごしください。美味しいコーヒー・紅茶などをご用意してお待ちしています。スタッフも時間が空いているときはお邪魔しますので、子育てのお悩みなどもご相談ください。

各ルーム カフェ写真
グループ指導室
明るく広いグループ指導室。ここでグループ指導を行います。床は温かみを感じ、自然と裸足で過ごしたくなる無垢材を使用しています。

各ルーム 指導室写真
相談室
お子さまが集中して指導に取り組める相談室。個別指導はこちらで行います。

ph_soudan_all





3-3. つむぎの具体的なプログラムについて(幼稚園・保育園に通っていらっしゃらない1~3歳児)
発達段階に合わせ、バランスよく発達を促せるようにプログラムを考えてまいります。ただ、得意不得意や、成長のペースはお子さまそれぞれです。つむぎではやらせよう、教えようとせず、まずは楽しく、本人なりのペースで無理なく参加していくことが大切だと考えます。また、大人が楽しんで参加する姿を見せることで、お子さまも興味を持って参加することが出来るようになり、結果的に良い経験を積み重ねていけるのではないかと考えています。

また、週に1回のグループと同時に、月に1回程度の個別指導も行い、保護者さまの日々の生活の中での悩みや相談にも丁寧に対応させていただきたいと思っています。






3-4. つむぎの具体的なプログラムについて(幼稚園・保育園に通っていらっしゃる3~5歳児)
それぞれの発達段階に合わせ、プログラム全般を通じてソーシャルスキルや認知の発達を促していけるよう考えています。集団生活に必要なスキルや、就学を視野に入れた課題も取り入れてまいります。






3-5. つむぎのスタッフについて
つむぎのスタッフは療育のプロが集まっています。臨床心理士・臨床発達心理士・言語聴覚士・保育士をはじめ、療育の経験を持つスタッフや運動指導員、造形指導の先生などが一つのチームとして、お子さまの発達を支えていきます。






3-6. どろんこ会ってどんなところ?
社会福祉法人どろんこ会は東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県内で認可保育園を運営しています。系列法人である株式会社ゴーエスト、株式会社日本福祉総合研究所と合わせて約70園の保育所を運営しております。それら保育所は全て同内容の保育方針で運営しており、裸足保育・畑仕事・生き物との触れ合い・自然体験などを重要視しています。詳しくはどろんこ会コーポレートサイトをご覧ください。

http://www.doronko.biz/doronko.html






3-7. 課外アクティビティはどんなことをするの?
つむぎでは、主に土曜日や日曜日に課外アクティビティを行います。ご参加は希望制となっております。親子一緒に楽しめるプログラムをご提案していきます。その一例として、、
・日本一おいしいコシヒカリの産地「南魚沼」での田植え稲刈りツアーを行っています。当法人が保有している田んぼで親子揃って田植えや稲刈りに取り組んでいただきます。もちろん、お子さまの興味次第で柔軟に対応していきますが、自分で獲った美味しいお米を食べるという経験は何物にも換えがたい体験です。保護者さまも心地よい疲れを感じながら、「おかずなど要らない」ほど美味しいお米を食べてみてください。






3-8. リズム体操って何?
心身に気がかりなところを持つ子どもたちを多く園児に持ち、その子どもたちの可能性をひきだし、心身のより良い発達に導いた、さくら・さくらんぼ保育園で実践されてきたリズム遊びを参考にしています。

『改訂版 さくら・さくらんぼのリズムとうた-ヒトの子を人間に育てる保育の実践』
斉藤公子著



ページ上部へ戻る